知っておきたい脳の病気!脳出血って何?治療法はあるの?【Internal Medicine Surgery】

脳出血について知りたい

脳出血という病気について知りたいあなたの為に基本的な症状や原因について書いています。このサイトを見て、脳出血についての知識を得てください。

脳出血の後のリハビリ体験談

5ヶ月間頑張った

脳出血になってから5ヶ月間頑張ってリハビリをしてきました。一人で立ち上がり歩けるようになって嬉しいです。

料理ができる

1年3ヶ月継続的にリハビリをしたことで料理ができるようになりました。自立して生活できる喜びを感じています。夫に美味しいものを作ろうと張り切っています。

言葉が話せるようになった

リハビリを続けたら顔の麻痺が改善されました!顔の麻痺が改善されて言葉が出やすくなったので家族とも会話できます。リハビリをして本当に良かったです!

脳出血は脳卒中の1種類

女医

脳出血という病気は脳卒中と呼ばれる脳の血管異常によって起こる病気の一つです。他にもくも膜下出血や脳梗塞があります。脳出血というのは脳の血管が破れてしまい、細胞を圧迫してしまう病気です。がんや心臓病とともに日本人の3大死因と言われてきました。しかし、最近では死因が肺炎に抜かされて第4位となっているそうです。脳出血は高血圧が原因になることが多かったのですが、最近は高血圧の治療の知識が進んだこともあり減少傾向にあります。また、健康診断で高血圧を早期発見されることが多くなったのも減少理由の一つです。しかし、だからと言って安心はできません。アジア人は他の人種よりも脳出血が起きやすいとされているからです。減少しているからと言って安心せずに予防に務めましょう。

高血圧が最大要因

脳出血の最大要因としてあげられるのが高血圧です。高血圧のまま放置してしまうと、血管に負担が強くなります。その影響で血管が傷んでしまうと血管が壊死してしまい、脳内に出血してしまうのです。脳出血の症状が出たら、すぐに救急車を呼びましょう。すぐに入院し、治療が始まります。早ければ早いほど、予後に元通りの生活がしやすくなるのでとにかく早く治療をすることが重要です。入院してすぐに高血圧の治療をします。血圧を下げる薬を投与されます。その間に脳の腫れをとったり、呼吸器を使うこともあります。脳出血はストレスで胃潰瘍を起こしたり、感染症になりやすくなったり、脳以外の様々な部位にも影響があります。その症状も含めた全身の治療が行われます。これでも状態が良くならない場合に開頭手術に踏み切るのです。手術を行っても完全に元通りに戻ることは難しいと言われています。

広告募集中