知っておくと役に立つ!糖尿病の患者について【Internal Medicine Surgery】
HOME>オススメ情報>知っておくと役に立つ!糖尿病の患者について

糖尿病患者はあなたの直ぐ側にいる

糖尿病の患者はとても多いです。私には関係ないと思っているかもしれませんが、糖尿病の患者と出会うのは当たり前の社会です。糖尿病の患者の人が倒れてしまったりしても困らないように今のうちから知識を付けておきましょう。このサイトでは糖尿病についてあまり知らない方のために糖尿病患者が低血糖状態になった時の対処法についてまとめています。いざという時の為に覚えておいて損はないですよ。

糖尿病が合併しやすい病気

  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 骨粗鬆症
  • うつ病
  • 骨粗鬆症
  • うつ病
  • 痛風

糖尿病患者は多い

看護師

糖尿病は男性では40歳以上、女性では50歳以上から気を付けたい病気です。日本の成人のうち、糖尿病の疑いがある人は850万人にも及びます。また、世界での糖尿病患者は3億8666万人と言われていて、その中でもアジア圏が多いとされているのです。ですから、日本人である以上、糖尿病は気を付けたい病気の一つなのです。また、糖尿病は自覚症状が少ない病気でもあります、気づかない間に重症化しているということもあるので注意が必要です。

低血糖は危険

年配女性

糖尿病の患者が気を付けたいこととして低血糖があります。血糖値が下がりすぎることで昏睡状態なってしまうこともあるのです。低血糖が軽い場合に見られる症状として生あくびや不快感がありますが、重度になってくると意識が朦朧としてきたり、痙攣を起こすこともあります。もし、身近に糖尿病の低血糖を起こしてしまった人がいたっ場合は砂糖を口に含ませたり、甘いジュースを飲ませましょう。緊急性のある場合は救急車を呼ぶことも重要です。

糖尿病患者はカードを持っている

医者

全員では無いのですが、糖尿病患者は緊急時用に連絡先等が記入しているカードを持っています。もし、回復しない場合は直ちに記入している医療機関に連絡をしましょう。

広告募集中